Who am I?

わたしの芯との対話。

シンクロニシティと地に足の着いた選択の力

f:id:singyukaring:20180310210400j:image

 

何かを選ぶとき、行動するとき。

概ね、人は夢や希望を胸に抱えて行動する時に喜びの結果に実を結び、不安や過度の期待や依存を潜めて取った行動に対しては、それに値する結果となるのがこの世界の特徴。

 

『全てはエネルギーの使い方次第』という事が現在どんどん解明されてきて、実践することも容易になってきたと感じています。

(具体的には、ザ・シークレットから始まり引き寄せの法則、マインドフルネスの視点、究極にはノンデュアリティまで!)

 

わたし自身、自己探求の連続で、じぶんの状態をいつも軽やかなエネルギーである事を意識して今に集中して選択・行動する事で、本当に生きやすく楽しい日々を過ごす事が出来ています。

 

そんなわたしでも、時には何かを選ぶとき不安や抵抗感を伴いながら行動することもあります。

それは、前例のない経験したことの無い事が目の前にやってきた時です。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、わたしもこの人生では毎日が未知の体験ばかり。

同じようなパターンはあっても、一度たりとも同じ経験は無いし、毎日が分かっているようで知らないことばかりです。

 

今年は特に、そんな体験の連続です。

 

f:id:singyukaring:20180331085226j:image

 

内側のじぶんとの繋がりが深まっている時、多少の不安があったとしても日常の中に散りばめられているサインに気付いけたら何の不安もなくスムーズに歩き出すことが出来る。

 

日常の中に、サインはとにかく、これでもかってくらい散りばめられている。

 

その視点を持って楽しめるかどうか。

 

すべては、じぶんの心次第。

 

f:id:singyukaring:20180327112627j:image

 

yukaring books

わたしが愛読している本を紹介しています。