Who am I?

わたしの芯との対話。

夏の思い出〜山梨・新潟と繋がる旅〜

f:id:singyukaring:20190819074554j:image

(写真:吐竜の滝)

 

先日、わたしの家族が新居完成のお祝いに初めて北杜へ遊びに来てくれました。

これまで家族旅行と言えば、新潟県内を中心に長野・群馬など近場の温泉で一泊。なんてコースが主流だったので、みんな山梨は初めて!

 

新潟は平野で、北杜は高原。

どちらも豊かな自然があるものの、環境はまるで違います。わたし自身も初めて八ヶ岳南麓を訪れた時は、色々とカルチャーショックでした。

 

なので、百聞は一見にしかず!!

新居も見て貰い、北杜の環境も知って貰えて、とても嬉しく有意義な時間となりました。

 

f:id:singyukaring:20190819075019j:image

新居にて。

何と、夫のお母さんが提案して下さり、新居に置かせて頂く事になったお母さんの新しく生まれ変わったピアノで一曲披露。

(夫のお母さんはピアニストで、現在もピアノを教えています。)

 

音楽の道を選んだのは家族でわたしだけですが、聴くことは皆んな大好きです。サプライズ演奏に驚きつつ、お母さんのピアノに耳を傾けていたのが印象的でした。

 

改めて・・・こんな願っても無い御縁が結ばれたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

f:id:singyukaring:20190819074830j:image

 

短い時間でしたが、夫があれこれ選んでくれて北杜案内をしました。

先ずは二人の思い出の地でもある、大好きな野辺山宇宙望観測所。

国立天文台 野辺山

 

こちらはお隣の長野県で、八ヶ岳の麓にある日本を代表する電波天文台です。

広大な敷地内で、案内板を見ながら宇宙のあれこれを話しながら記念撮影をしました。

 

f:id:singyukaring:20190819074715j:image

 

夫とわたしの父は宇宙の世界が大好きなので、話しに花が咲いていたようです。


f:id:singyukaring:20190819083554j:image

 

野辺山から下り、清里へ。

連休だったので夕方でも車がいっぱい!


f:id:singyukaring:20190819075037j:image

 

宿泊は、大泉町西井出のフェリカ

わたしも何度も泊まらせて貰った、大好きなペンション。横浜から移住されたご夫婦が営んでおられます。


f:id:singyukaring:20190819075028j:image

 

とにかく家具一つ取っても凄く素敵で、ヨーロピアンな世界観で統一されています。

 

ベッドルームは二つ。

うちの家族は3人でふた部屋を予約。

貸切状態で贅沢に過ごして貰えたのがまた良かったです。

 

f:id:singyukaring:20190819080947j:image

 

ご主人の趣味で集められた書庫も必見です。

 

帰りに、ペンションの前で記念写真も撮ってもらいお庭のブルーベリーまで味見させて頂き、とってもいい思い出になりました。

 

後で聞いたら、うちの両親はフェリカのご夫妻から移住話を色々と聞いたり、とても新鮮な体験をしていた様でした。

 

色んな角度で、北杜の魅力や都会から移住する人たちの視点などを感じて貰えたら嬉しいなぁ...なんて思います。

 

f:id:singyukaring:20190819085411j:image

f:id:singyukaring:20190819085514j:image

川俣川渓谷/吐竜の滝/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

 

翌日は、リクエストを受けて吐竜の滝へ!

わたし達家族の旅の代名詞・醍醐味とも言っていいほど、みんな大好きな滝。

(冒頭の写真参照)

 

既に駐車場は混み合っていましたが、すんなり進めて良かったです。

 

そして、最後に身曾禊神社を参拝。

 

f:id:singyukaring:20190819074908j:image

 

ご存知、ゆずの北川悠仁さんのご実家。

奥さまの高島彩アナウンサーと結婚式を挙げられた場所でもあります。

 

f:id:singyukaring:20190819090030j:image
f:id:singyukaring:20190819090023j:image

 

本殿、神楽の舞台、池もとても立派です。

短い時間でしたが北杜のあれこれを体感して貰えた、良い時間でした。


f:id:singyukaring:20190819074904j:image

 

実は、夫の計らいでこの後わたしも家族の車に一緒に乗って新潟へ帰省しました。

 

結婚しても家族の関係性は全く変わらないものの、何だか一緒に新潟へ帰るのも嬉しくて、あれこれ話をしながら帰路へたどり着きました。

 

f:id:singyukaring:20190819091155j:image

諏訪湖のサービスエリアより

 

f:id:singyukaring:20190819091150j:image

姨捨山より


f:id:singyukaring:20190819091159j:image

いよいよ新潟。

米山インターにて、日本海

 

実質、新潟の実家から北杜まで車で3時間半くらい。

鉄道だと東京を挟んでの移動になりますが、この先もっと繋がりが深まり、気軽に行き来できる事を望みます。

 

わたしも、運転の練習がんばろう(笑)

 

本当に心に残る夏となりました。