Who am I?

わたしの芯との対話。

新婚旅行記⑥〜ハネムーンセレモニーinマヨルカ島〜

f:id:singyukaring:20191101100816j:image

パラドールからグラナダ空港までは25分程度。

空港内はカフェテリアがあるものの、言わば地方空港。

余裕を持っての行動は大切だけれど、早めに着いて時間を持て余す。笑

 

今回、全ての飛行機はチケットを取った航空会社のアプリを携帯に入れて、そこから前日にオンラインでチェックイン出来たのですごく便利だった。

 

f:id:singyukaring:20191101100828j:image

マヨルカ島への飛行機は、スペインのLCC航空会社Vuelingを利用。評判を調べたら、賛否両論あり意見も様々だった。確かにレビューに書いてあった通り、ゲートを出てから歩いて飛行機に乗った。それも大した距離ではなくて、快適で全く問題なし◎

 

時間もほぼピッタリ、順調に到着。パルマ空港は広かった。地上に出てからレンタカーのピックアップ場所が分からずに右往左往。もう一度空港内に戻り、informationで聞いて、何とか辿り着けた。(レンタカー屋さんまで、無料シャトルバスで移動。)

 

手続きを経て、レンタカーゲット!

最初ナビは使い方が分からず、Google マップでホテルへ向かう。
道幅が広くて走りやすいが、何と信号が全くない。その代わりにロータリーがあるのだが、出口が何個もあるロータリーだと、地図を見ながらだとイマイチ出口が分からなくなり上手いことナビが出来なかった。。

 

f:id:singyukaring:20191101100825j:image

わたしのナビミスで何度か道を間違えながらも、海外でも夫の運転が上手いのは変わらず。流石の判断力で、感心するばかり。

 

※後で調べたらロータリーの仕組みがようやく分かり、ついでにナビも大まかに使えらようになり、帰る頃にやっと慣れたのだった。

 

f:id:singyukaring:20191101100839j:image

ようやく、目的地であるホテルへ到着!!

ボウイさんもフロントのお姉さんも温かく迎えてくれて、素敵な空間にテンションが上がる。


f:id:singyukaring:20191101100903j:image

チェックイン早々に、テラスに案内されてハネムーンの祝福にCavaで乾杯。

海外慣れしている知人から「何かとハネムーンだと伝えた方がいい」とアドバイスを受けていて、物は試しにホテルに予約時に伝えていたのがマヨルカ島でも功を奏した⭐︎

 

f:id:singyukaring:20191101100907j:image

f:id:singyukaring:20191101100859j:image

マヨルカ島は、スペインの王室のファミリーもバカンスに来るくらいのリゾート地。

このホテルには専用の船着場があり、景色も最高だった。

 

f:id:singyukaring:20191101100846j:image

部屋に案内されて、またまた感動!!

何とCavaのボトルにフルーツが用意されており、これもハネムーンのギフトとの事。


f:id:singyukaring:20191101111452j:image
f:id:singyukaring:20191101111458j:image

この部屋の内装に一目惚れして迷わずココを選んだけれど、実際に見た方が写真よりも綺麗で(大概は、その逆パターンが多いので正直あまり期待はしていなかった)夢のような状況に二人揃って気持ちがスパーク!!


f:id:singyukaring:20191101100842j:image

部屋のベランダにCavaとフルーツを運んで、乾杯♪


f:id:singyukaring:20191101100855j:image

曇り空でも、グリーンの海は美しい。


f:id:singyukaring:20191101100832j:image
f:id:singyukaring:20191101100910j:image

ホテルでゆっくり過ごして、夕食はホテルの目の前にあるレストランへ。

水槽にはロブスターがいる本格的なシーフードレストランだった。

生の魚を見せて貰い、お薦めされた調理法でオーダー。


f:id:singyukaring:20191101100836j:image

アペタイザーに出るオリーヴやパンも美味しくて、すっかり上機嫌。

後で聞いたら、夫はこの日これまでにないくらい喜びの感情が溢れていたらしい。

停泊している船を見ながら食事を楽しんで、ゆっくり就寝。

 

f:id:singyukaring:20191101140007j:plain

夏を取り戻したかのような島での優雅な時間だった。

翌日は、車で島の観光地を大満喫。