Who am I?

わたしの芯との対話。

この世界は、じぶんの心の投影。

f:id:singyukaring:20190824173520j:image

8月も下旬へ突入。

今週は、仕事の都合で月曜〜土曜の午後まで東京に滞在していました。

大好きなヨーロッパ企画の舞台を観劇したり、ご近所のお友達とオペラシティの夏の恒例イベントを楽しんだり、色んなお楽しみな予定を入れられたので充実の "東京じかん" でした。

 

とは言え、何は無くともマイホームが一番!

 

仕事もするし、遊ぶし、の割に...

【流石に今回は長かった...】

と言うのが、今回単身で過ごしての本音でした。

 

我ながら、わがままですな(苦笑)

 

f:id:singyukaring:20190824174543j:image

 

でもね、これも経験の積み重ね。

自分で決断して行動しているから、全てにOKと言えるわたしが居ます。

 

離れている間もパートナーとの絆は深まるばかりだし、帰る場所がある(より一層に本来のわたしへと還る場所、とも言う。)有り難さが膨らんで身に沁みるばかりです。

 

悔いなく「いま」を生きる為に、本来のじぶんを生きる為に、愛へと還る為に。

 

いまこの瞬間の心の選択は、じぶんで決める。

 

そう決めた瞬間から、全てが愛の表現へと繋がるのです。

 

世界は、優しい。

世界は、美しい。

世界は、愛おしい。

人生は、楽しい。

 

心の目を通して、この世界が映し出されるから。

 

いつも、わたしはクリアーな目で愛でたい。

 

夏の思い出〜地元 新潟あれこれ〜

f:id:singyukaring:20190819093744j:image

 

前回の記事で書いた通り、

両親の北杜来訪から新潟市へ帰省しました。

 

わたしの両親ふたりとも新潟出身ですが、エリアが離れていて、お盆の御墓参りはそれぞれの実家を訪ねます。

 

f:id:singyukaring:20190819094151j:image

ただいま、越後平野


f:id:singyukaring:20190819094155j:image

父の実家より。

子供の頃から学生の時もお盆の時期はいつも、13日は父の実家で親戚が集まってお墓参りをするのが恒例です。

20代中盤の頃からは特に、歌い手の活動の都合で行けない時も多くなっていました。

 

久しぶりに、伯父・伯母夫婦とも再会。

来月執り行われる結婚式の事や北杜の話を聞いて貰えて、嬉しいひと時でした。


f:id:singyukaring:20190819101121j:image

翌日は、母の実家のある胎内市へ。

 

f:id:singyukaring:20190819101137j:image

お参りをしてから早々に、伯母お手製のおはぎ等を頂きました。


f:id:singyukaring:20190819101113j:image

その後は、恒例となっている瀬波温泉へ♫

母は翌日仕事の為に残念ながら不参加で、今年は何とわたしと伯母のふたり旅!

 

到着した数十分後にサンセットが見られるということで、ロビーに集合。

こんな素敵なカクテルサービスがありました。


f:id:singyukaring:20190819101045j:image

夕日の美しいホテル 夕映えの宿 汐美荘|新潟県村上 瀬波温泉

以前も宿泊した事がありましたが、色々とサービスが充実している印象でお料理も豪華!


f:id:singyukaring:20190819101133j:image
f:id:singyukaring:20190819101125j:image
f:id:singyukaring:20190819101118j:image
f:id:singyukaring:20190819101106j:image 

次は夫や家族みんなで訪れたいなぁと、来年の楽しみがまた増えました。


f:id:singyukaring:20190819101128j:image

フェーン現象で灼熱の海

こんなに色味の日本海は、生まれて初めて見た気がします。


f:id:singyukaring:20190819101310j:image

瀬波南国フルーツパークにて。

パッションフルーツと村上茶のジェラート


f:id:singyukaring:20190819101110j:image
岩船港鮮魚センター

今回は加工品をお土産に購入。

次回はクール便で魚介を北杜へ送ろう〜

 

伯母のおかげで、瀬波を満喫。

20代後半の頃から薄々感じていましたが、新潟県内も広く本当に素晴らしい地域がたくさん!

住む場所は山梨ですが、生まれ育った縁のある新潟も大好きな故郷です。

 

人って不思議なもので、視点が変わると本当に感受性豊かになるというか、捉え方が変わるものですね。

 

f:id:singyukaring:20190819102422j:image
f:id:singyukaring:20190819102455j:image

翌日は、胎内市中条から電車で新潟駅へ。

母の実家(現・伯母の家)から中条駅まで歩くこと約15分。

灼熱の中で、息もしづらいと感じていたら・・・何とこの日に40℃超えを観測したそうでネットニュースに出ていました。

 

幸い、健康体なわたしですが、身体もビックリしていたのではないでしょうか(笑)


f:id:singyukaring:20190819102450j:image

さてさて。

遅めのお昼に、万代で新潟のB級グルメ

みかづきのイタリアン!!

 

わたしが子供の頃に好んでいた、簡単に言うとファーストフードの先駆け?  みたいなお店なのですが、新潟のソウルフードとも言える(言いたい)ものです。

 

内容は、焼きそばにトマトソースが掛かっているようなもの。

これが新潟県人にとっては、イタリアン🍴なのです。

 

大人になってからは、帰省した時に食べる機会はぐっと減りましたがチャンスがあれば、食べておきたい!  という気持ちが湧いてきてしまいます。

 

正直コレに関しては、身体に良かろうが悪かろうが無条件に好き!  そんな不思議な名物なのです。


f:id:singyukaring:20190819102410j:image
f:id:singyukaring:20190819102354j:image

 

新潟帰省のタイミングで、心に残る展示を鑑賞する事が出来ました。

 

天野尚展
自然を愛する全ての人へ

 

生まれ育った新潟を超えて、世界へ自然の在り方を伝える、写真家でありアクアリウムデザイナーである天野 尚さん。


f:id:singyukaring:20190819102435j:image


f:id:singyukaring:20190819102404j:image

 

天野さんの残してくれた生態系写真からネイチャーアクアリウムまで、一つひとつ広く深い世界を体感しました。

 

都内ではすみだ水族館で、天野さんの手掛けた水槽を観ることが出来ます。


f:id:singyukaring:20190819102441j:image


f:id:singyukaring:20190819102359j:image
f:id:singyukaring:20190819102414j:image

改めて、、この地球に偉大な功績を残された方です。

新潟滞在ラストに鑑賞できて本当によかった!


f:id:singyukaring:20190819102418j:image
f:id:singyukaring:20190819102431j:image 

 

夕方に、万代からバスで市役所前へ移動。

新潟最後の夜は、母と信濃川の見えるレストランで末の妹と食事をしました。

 

食事をしたのは、新潟市が誇る芸術文化会館 "りゅーとぴあ " の中にあるリバージュ。

 

母と妹のお気に入りだそうで、ホール内の施設の為に夜に利用する人は少ない様ですが景色が美しくお料理も美味しい、穴場のスポットです。


f:id:singyukaring:20190819102446j:image

 

また、りゅーとぴあ周辺は、わたしが幼少期を過ごした地域。そして高校時代を過ごした思い出の地でもあります。

 

こうして年月が過ぎても、色んな形で訪れて家族で共有したり、とても豊かな時を過ごせているなぁと感じます。

 

わたしは、これから生まれた土地とは違う環境で、また人生の半分を過ごした東京とも違う環境で暮らすわけですが、これまでじぶんを育ててくれた故郷と縁が無くなる訳ではないと思っています。

 

むしろ、新潟ー東京ー山梨と、また一つ御縁が増えて深まってゆく。

 

好きな場所・還る場所が増えるなんて、こんなにも豊かで嬉しいことはない感じています。


f:id:singyukaring:20190819102426j:image

いつになく充実して満たされた、お盆期間でした。

夏の思い出〜山梨・新潟と繋がる旅〜

f:id:singyukaring:20190819074554j:image

(写真:吐竜の滝)

 

先日、わたしの家族が新居完成のお祝いに初めて北杜へ遊びに来てくれました。

これまで家族旅行と言えば、新潟県内を中心に長野・群馬など近場の温泉で一泊。なんてコースが主流だったので、みんな山梨は初めて!

 

新潟は平野で、北杜は高原。

どちらも豊かな自然があるものの、環境はまるで違います。わたし自身も初めて八ヶ岳南麓を訪れた時は、色々とカルチャーショックでした。

 

なので、百聞は一見にしかず!!

新居も見て貰い、北杜の環境も知って貰えて、とても嬉しく有意義な時間となりました。

 

f:id:singyukaring:20190819075019j:image

新居にて。

何と、夫のお母さんが提案して下さり、新居に置かせて頂く事になったお母さんの新しく生まれ変わったピアノで一曲披露。

(夫のお母さんはピアニストで、現在もピアノを教えています。)

 

音楽の道を選んだのは家族でわたしだけですが、聴くことは皆んな大好きです。サプライズ演奏に驚きつつ、お母さんのピアノに耳を傾けていたのが印象的でした。

 

改めて・・・こんな願っても無い御縁が結ばれたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

f:id:singyukaring:20190819074830j:image

 

短い時間でしたが、夫があれこれ選んでくれて北杜案内をしました。

先ずは二人の思い出の地でもある、大好きな野辺山宇宙望観測所。

国立天文台 野辺山

 

こちらはお隣の長野県で、八ヶ岳の麓にある日本を代表する電波天文台です。

広大な敷地内で、案内板を見ながら宇宙のあれこれを話しながら記念撮影をしました。

 

f:id:singyukaring:20190819074715j:image

 

夫とわたしの父は宇宙の世界が大好きなので、話しに花が咲いていたようです。


f:id:singyukaring:20190819083554j:image

 

野辺山から下り、清里へ。

連休だったので夕方でも車がいっぱい!


f:id:singyukaring:20190819075037j:image

 

宿泊は、大泉町西井出のフェリカ

わたしも何度も泊まらせて貰った、大好きなペンション。横浜から移住されたご夫婦が営んでおられます。


f:id:singyukaring:20190819075028j:image

 

とにかく家具一つ取っても凄く素敵で、ヨーロピアンな世界観で統一されています。

 

ベッドルームは二つ。

うちの家族は3人でふた部屋を予約。

貸切状態で贅沢に過ごして貰えたのがまた良かったです。

 

f:id:singyukaring:20190819080947j:image

 

ご主人の趣味で集められた書庫も必見です。

 

帰りに、ペンションの前で記念写真も撮ってもらいお庭のブルーベリーまで味見させて頂き、とってもいい思い出になりました。

 

後で聞いたら、うちの両親はフェリカのご夫妻から移住話を色々と聞いたり、とても新鮮な体験をしていた様でした。

 

色んな角度で、北杜の魅力や都会から移住する人たちの視点などを感じて貰えたら嬉しいなぁ...なんて思います。

 

f:id:singyukaring:20190819085411j:image

f:id:singyukaring:20190819085514j:image

川俣川渓谷/吐竜の滝/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

 

翌日は、リクエストを受けて吐竜の滝へ!

わたし達家族の旅の代名詞・醍醐味とも言っていいほど、みんな大好きな滝。

(冒頭の写真参照)

 

既に駐車場は混み合っていましたが、すんなり進めて良かったです。

 

そして、最後に身曾禊神社を参拝。

 

f:id:singyukaring:20190819074908j:image

 

ご存知、ゆずの北川悠仁さんのご実家。

奥さまの高島彩アナウンサーと結婚式を挙げられた場所でもあります。

 

f:id:singyukaring:20190819090030j:image
f:id:singyukaring:20190819090023j:image

 

本殿、神楽の舞台、池もとても立派です。

短い時間でしたが北杜のあれこれを体感して貰えた、良い時間でした。


f:id:singyukaring:20190819074904j:image

 

実は、夫の計らいでこの後わたしも家族の車に一緒に乗って新潟へ帰省しました。

 

結婚しても家族の関係性は全く変わらないものの、何だか一緒に新潟へ帰るのも嬉しくて、あれこれ話をしながら帰路へたどり着きました。

 

f:id:singyukaring:20190819091155j:image

諏訪湖のサービスエリアより

 

f:id:singyukaring:20190819091150j:image

姨捨山より


f:id:singyukaring:20190819091159j:image

いよいよ新潟。

米山インターにて、日本海

 

実質、新潟の実家から北杜まで車で3時間半くらい。

鉄道だと東京を挟んでの移動になりますが、この先もっと繋がりが深まり、気軽に行き来できる事を望みます。

 

わたしも、運転の練習がんばろう(笑)

 

本当に心に残る夏となりました。

北杜での暮らしが始まりました。

f:id:singyukaring:20190726084352j:plain

 

令和元年七月十二日 新居引き渡し

その後、一週間ほど東京生活。

 

そしてそして遂に、、

本格的に北杜での暮らしが始まりました!

 

五月一日に入籍してから早二ヶ月。

独身の時と変わらず「結婚」という意識がお互いに薄かった。。

やはり、ふたりの生活が始まらないと変わらないですね。

とにかくこの新居の完成を待ちわびていました。

 

今年の11月末まで隔週で東京と行き来していますが、愛する地でじぶん達の住まいを構え、最愛の夫と暮らしを営んでいくことは、本当に幸せなことだと身に沁みて感じています。

 

北杜には一週間ほど生活しました。

お鍋や食器なんかはスーツケースに入れて運びましたが、わたしの荷物はまだ東京にあります。新しい家具・家電は新居で揃え、後は暮らしながら足りないものを揃えてゆくスタイルです。

 

実のところ、夫の実家がお隣さんに在るので何かあるとお隣からお借りしたり・・・かなり甘えてしまっている現状ですが、ようやく形になってきました。

 

いやはや、日々の暮らしはオンライン用に写真を撮ってる暇なんて無いっ!笑

 

少ないですが、せっかくなので記録に残しておきます。

 

f:id:singyukaring:20190726091655j:plain

 

今、お庭ではお父さんが作っている野菜たちが豊作。

朝採りのキャベツは、本当に美味しくて感動です。

また、きゅうりは大きくなり過ぎるので、毎日のように収穫。

塩もみ、ナムル風、Qちゃん漬け風と、保存食作りに励んでいます。

 

f:id:singyukaring:20190726093106j:plain

 

今は、もっと大きくなりましたが、念願のホーリーバジルも成長中。

原種を購入できたので、これから楽しみです。

 

f:id:singyukaring:20190726092244j:plain

 

夫もわたしも(どちらの両親も)食べることが大好き!

せっかくこんな環境で暮らすのだから、日々のご飯も拘りたいところ。

お米は、夫のご両親から農家さんから直接購入している玄米を用意して頂いたので、家庭用の精米機を購入。その都度、精米したてのご飯を炊くことにしました。

 

今は色々と調べられるので、本当に便利ですね。

わたしは、こちらのサイトを参考にしました。

monomania.sblo.jp

 

ちなみに、わたしの購入したものは「Shin-bisen」という機種です。

手入れも簡単だし、とっても使いやすくて重宝しています。

 

食べやすく栄養価も高い、七分づきのお米がお気に入り◎

 

f:id:singyukaring:20190726092508j:plain

f:id:singyukaring:20190726105043j:plain

 

冒頭にも書きましたが6日間、朝夕とご飯を作って美味しくできても写真を撮る余裕もなく。こんな朝ごはんのみ(笑)

 

 

以下ローカルネタ!

北杜移住・二居住暮らしを希望されている方の為に⭐︎

海なし県で美味しいお魚の購入が心配なところでしたが...

 

北杜暮らしの情報

  • お肉の「ワタナベ」は、魚介もある。特に貝は、良かった!
  • 「オギノ」は、国産表記の鮭・ぶりがお手頃で美味しい。
  • 「ひまわり市場」では土曜日に新鮮なお刺身が並ぶ。
  • もっと新鮮で美味しいものを! と希望するなら、諏訪の「角上魚類」へ!

そんな感じで、美味しい充実の暮らしが始まっています♪

 

実は、今日からまた東京滞在。

正直、家を離れるのがほんと寂しかったです。。

 

次のターンは余裕も出てくると思うので、今から楽しみです!

溢れる感情の奥に、真の望みがある。

 f:id:singyukaring:20190709105805j:image

じぶんの深い部分と繋がっているからこそ、内なる存在(わたし)からのメッセージはいつもストレートで明確な訴えがあります。

 

わたし自身は、それが感情の正体ではないかと分析中。。

 

というのも、大切にしたい物事の時は特に喜怒哀楽の振り幅が大きくなり、感情表現が湧いて出てくるのです。

これには、ほんとビックリ!!!

 

つい最近、とある件でパートナーと対話していて、これまで以上に感情の爆発みたいなものがありました。

 

これって、じぶんの内側の爆発。

 

これは、決して相手に怒ってるわけじゃない。

じぶんの内側からわたし自身への表現でありメッセージである。

 

わたし(内なる存在)が、わたし自身に訴えたくて気付いて欲しくて起こっている現象。

 

その真髄に気付くのに、まる1日掛かりました。

気付いたと同時に、また滞り気味だった一気に物事の流れが解決。

 

びわたしは生まれ変わった感覚で、真の望みに辿り着きました。

 

f:id:singyukaring:20190709111219j:image

f:id:singyukaring:20190709111255j:image

 

こういう感情のパターンは、意識のバランスが崩れかけた時にやって来る。

おまけに、手を替え品を替え色んな方法でメッセージが送られてきます。

 

それはまるで風邪をひいてしまったかの様な変な体感があるけれど、メッセージを受け取って解決することで浄化作用が働き、パワーアップしたじぶんに出逢えるのだと思います。

 

何が嬉しいかって、また一つこの世界が愛おしく美しく感じられること。

 

今年の七夕は、シンクロが起こり3つも短冊を書いて飾っていました。

 

早速それが叶っている気分。

 

いつも、望んだ瞬間に叶っている。

 

その神秘を体感したい。

眼に映るこの世の美しさ

f:id:singyukaring:20190617183033j:image 

f:id:singyukaring:20190628175214j:image

f:id:singyukaring:20190628175127j:image

月日はあっという間に流れて、10日間くらい前に見た風景がすでに懐かしい。

 

今月は、心に響く美術作品や音楽に触れる機会が多くて改めてこの世界の「美しさ」に視点が集中しました。

 

眼を移すと、自然界は美の宝庫。

 

f:id:singyukaring:20190628180047j:image

f:id:singyukaring:20190628180113j:image

f:id:singyukaring:20190628175943j:image

 

どの風景も、どの瞬間も、美しくて静かな感動があります。

 

近況で言えば、新居の完成の目処が立ってきて移住するにあたり諸手続きを踏んだり、あれこれ手配をする作業の連続。

 

そんな中で仕事もプライベートも、音楽に触れていられることは有り難く嬉しいことだけれど、それ以上にいつも「わたしの中の美」は忘れたくないなぁ。と強く感じる今日この頃。

 

この世は、美の宝庫。

 

そう感じながら、様々な興味を持って生きてゆきたい。

 

そんな風に感じています。

今朝、令和に向けてのメッセージ(ええじゃないか文化祭でのトークライブ動画)を受け取った。

今朝、某Tubeでとある映像を見ていたら、次のターンで初めてこの動画が出てきました。

 

Sachi。x 旺季 志ずか トークライブ - YouTube

 

以前からこのお二方の発信は、とても共感する事が多くて、実際にわたし自身も本質的に近い体験がどんどん起こっている事もあり注目度は高かったです。

(特別、イベントとかに行ったことはありません)

 

そう言えば最近はめっきり、じぶん自身の歌の仕事や日々の暮らしに完全に没頭していて、外側に目を向けるタイミングはありませんでしたが。

 

動画を見て、また深く共感!

 

じぶんの為にも記録しておきます。

 

早速、響くキーワードをシェア!

 

 "嫉妬したらまだラッキー"

嫉妬するという現象は、他人を通して、じぶんの望みを知るきっかけになるから。

 

言わば嫉妬の感情は、『今、何かやりたい事やっていないよね?  やりたい事あるのに着手していないよね??  だからあなたは苦しいんだよ、今すぐに行動しよう!!』という、とっても分かりやすいサイン。

 

sachi。さんの言葉では『(嫉妬した相手から)離れるとかブロックするとかせずに、自分の中でマジで掴んでいない真ん中のものあるな。みたいな。超チャンスなんですよ。』ということ。コレって本質的なことだと思うのです。

 

だから嫉妬したら、『今、わたしって何がしたいんだろう?  今わたしがじぶんの為に出来ることは何??』と問いかけ続けたら、きっと見つかるはず。

 

それに加えて面白いのが、このトーク動画では、実は嫉妬すら出てこないサインすら無いパターンがあると、話されています。

 

これ、わたし自身も経験あり!!!

 

本当の望みってね、すごく面白いもので。

 

じぶんでも把握出来ていない、真の望みがまだまだじぶんの中にあってね。どんどん内側(魂)と繋がってやりたいこと事を本質的に続けていくと、それまでは気付きもしない望みが湧いてくるのです。

 

それまでの自分からは想像もつかない事だったりするので、じぶんで自分にビックリする事もあります。

 

これもSachi。さんの言葉では、玉ねぎの皮を剥くみたいに外側からどんどん内側へ向かうことで、ふとした瞬間に湧いてきたりする。

 

だから、外側の皮を剥く最初の段階で心(感情)が動くものが必ずあるのから、先ずはそれを確実にキャッチをして行動へと移していく。

 

小さなやりたいを無視しない

嫉妬する自分を許す

嫉妬される事も許す

(旺季志づかさん談)

 

自分を生きる人生って、本当にその繰り返しなのかも知れません。

 

その先に何が待っているかなんて、今のじぶんには分からなくて行動の先に、体験したかった宝物が待っている。

 

そこにはゴールはなくて、その瞬間の連続のみ。

 

だから、わたし達はこの世界で今を思いっきり表現して楽しむだけ!!!

 

そんな事を感じたのでした。

 

話題は、もう一つの方へ。

 

恐れへの保険

言葉だけだと、???  な事ですが、トークをよくよく聞いてみると大いに納得。

 

こ、これはまたかなり、際どい。

けれど、ホントこういうのあるから、気をつけたほうが良い。

 

どういう事かと言うと、

 

何か行動を起こす時、新たなチャレンジをするときには、じぶん自身ひとりのエネルギーをそこに注いでこそ、人が集まったら大きなサポートが入ったりベストな結果として身を結ぶことが出来るということ。

 

無意識でも、じぶん以外の条件(他社のネームバリューや大きな組織など)を盾にして行動をしても、そこには自分の中身が入っていなくて一見どんな良い条件が揃っていても人が集まらなかったり、期待するような結果にはならない。

 

わたしも、思えば少なからず体験しています。

 

何か恐れに保険をかけている状態。その安心感とその自信は、偽物です。by Sachi。

 

これ、めちゃめちゃ気持ちいい言葉!!!

 

わたしも歌手として、それ以外の内容でも、直感に身を任せてイベントなど企画しています。

 

誰から企画のオファーがあったとした場合は、とにかく(目先の条件にとらわれず)違和感なく自分が本当にやりたいか、やりたくないか。楽しいと思えるかどうかを重要条件だと感じていて、決めています。

 

わたしの方からオファーをする時も、同じです。

 

肚をくくって立ち上がるしかない!

じぶんを前に出すって、ほんと怖いね。

 

じぶんの看板を出す、自己責任ってことだから。

 

でもね、だからこそ価値があって、魅力が引き出されて、最高のステージに成るのです。

 

自分が主役じゃなきゃ、意味ないの!!

 

だって、わたしの世界は、わたしから始まるから。

それと同時にあなたの世界は、あなたのエネルギーから始まっているのです。

 

ちなみにね、

 

それらを追求していくと・・・

 

その瞬間にエネルギーが共鳴する人とどんどん自然とスピーディに繋がって新たな事が生まれてくるので、あまり考えることなくやりたい事がやれてしまう。

 

言わば、宇宙タイミング。

 

そんなフェーズに入っていきます。

 

そうすると、想像以上のスピード感であっという間にやりたい事が全て最高の形で出来上がってしまうのです。

 

あれこれ期待して行動するも、宇宙タイミングの方が純度が高くてパーフェクト

 

純度の高い方を今のわたしは好んで選んでいます。

 

それでも、何かにつけて、恐れ故に本質から離れた保険をかけようとする自分が見え隠れする時も無きにしも非ず

 

そのチェックは、随時やるべし!!

 

Sachi。さん達の実体験は、分かりやすくて、ほんと説得力あります。

 

それでいて、押し付けない軽やかさがある気がしていて、わたしは好き。

 

久しぶりにこういうメッセージを受け取り、

 

あぁ、本当にじぶんを生きる時代なんだな、としみじみ実感しました。

 

その都度じぶんに問いかけて行動しよう

 

真の自信、安心感、じぶんと繋がり直そう

 

令により和の時代、世界(宇宙)と調和の取れるじぶんを生きよう♡

 

f:id:singyukaring:20190531093923j:image