Who am I?

わたしの芯との対話。

全ては流れのままに。

f:id:singyukaring:20181114142825j:image

 

11月13日のこと。

伊勢参りをする目的だけのバスツアーに参加。前夜のバスに乗り早朝に着き、ガイドさんと共にお伊勢参りがスタート。自由行動も3時間くらいあり、その日のうちに東京に帰ってこれるという充実の内容です。

 

先月あたりから、ふつふつと湧いていたお伊勢さんへの気持ち。

偶然か必然か、蓋を開けてみなければ分からないけれど、"こうしたい" という気持ちを叶えてあげるのが先決です。

 

事の始まりは、今年の立春

名古屋TeaTroさんで舞台を納めた、唄と観音舞との共演イベント「道啓きの宴」の名の通り、立春に宣言したヴィジョンの全ての事が心に決めた方へ進んだ事が大きなきっかけとなったと思います。

 

f:id:singyukaring:20181114131004j:image
f:id:singyukaring:20181114131000j:image

 

特別な想いを馳せたり意識していなかったのですが、上記の舞台へ取り組むにあたり、準備をしているうちにイメージはすっかり内宮から歩いて参拝できる、猿田彦神社と左瑠女神社の世界が広がっていたのです。

 

現地には、過去に3度ほど訪れた事があり、親しみが生まれていた感覚もありました。

 

これまでと違うのは、やはり夫となる人と出逢えたこと。

 

これから二人で人生の中でもクリエイティブな大きな目標達成へ向けて力を合わせて行く時期でもあります。

 

そんな心を宣言したく、そして何よりご縁への感謝を伝えたくて決めた旅でした。

 

f:id:singyukaring:20181114143002j:image

 

まだ暗い時間に外宮へ到着!

 

土の神さまへのご挨拶した時は、新居を構える準備をしている事と重なり、これまでとは違った心持ちでのご挨拶となりました。

 

この土の神さまに手を合わせていた後に、北杜に居るパートナーから連絡があり、新しい住まいとなる土地の地盤調査が行われて無事に問題なく終了したそうです。

 

何とも嬉しいシンクロニシティ!!!

こういう事が度々あるので、ほんと面白いなぁと感じています。

 

f:id:singyukaring:20181114143141j:image
f:id:singyukaring:20181114143151j:image
f:id:singyukaring:20181114143144j:image

 

神宮(外宮・内宮)はもちろんのこと、夫婦岩で有名な二見興玉神社にもご挨拶したり、新たな暮らしに向けて丁度良い機会でした。

 

f:id:singyukaring:20181119101648j:image
f:id:singyukaring:20181119101653j:image

 

ご当地グルメも楽しみ、大満喫♪

そこで気に入った、伊勢志摩限定の『神都麥酒(しんとびーる)』をお土産に買って北杜の家族と楽しみました。

 

新たな住まいの準備も、いよいよ始まります♪

ご報告

f:id:singyukaring:20181103093047j:image

 

こちらで繋がる皆さまへ

ご報告させて頂きたい事があります。

 

この度、ご縁あり婚約致しました。

来年の春に入籍予定です。

 

それと併せて

もう一つご報告があります。

 

新たな暮らしをするに伴い、人生の半分を過ごした東京を離れ、来年パートナーの住む山梨県北杜市へ住まいを移します。


東京での仕事のタイミングもあり、完全に拠点を移すのは約一年後。

しばらくは、変わらず東京と北杜を行き来する暮らしが続きます。

 

新たな暮らしに向けて、

Instagramを新設しました。

Yuka Yamada_Matsuzaki (@yukaring_ym) • Instagram photos and videos

 

インスタユーザーの方は、こちらで北杜の暮らしをフォローして頂けたら嬉しいです。

 

f:id:singyukaring:20181103100045j:image

 

ここ1,2年くらいの間で、近しい人には、"いつか山梨辺り(八ヶ岳方面)に住みたいと思ってるんだよね"

 

なんて。

じぶんの中から湧いてくるヴィジョンを話したりしていましたが、


正直こんな日が来るなんて...!!!

 

想像の範疇を軽々と超えて、ご縁はやって来ました。


ご縁ある土地で深く繋がる人たちと共に、より一層、心身豊かに新たな暮らしを育んでいきます。


この土地の暮らしを通じて湧いてくるインスピレーションが、歌手としてはどんな表現になるのか今から楽しみなところ♪♪


まだ少し先ですが、繋がる皆さま、是非とも住まいが整ったら遊びにいらして下さい。


直接お会いしてご報告出来た方や、長年の友人たちには、少し早い段階で個々にお祝いをして頂きました。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

 

f:id:singyukaring:20181107080051j:image

f:id:singyukaring:20181107080258j:imagef:id:singyukaring:20181107080046j:image

 

f:id:singyukaring:20181107080552j:image
f:id:singyukaring:20181107080556j:image
f:id:singyukaring:20181107080544j:image

 

f:id:singyukaring:20181107080342j:image
f:id:singyukaring:20181107080334j:image
f:id:singyukaring:20181107080346j:image

 

f:id:singyukaring:20181107080452j:image
f:id:singyukaring:20181107080457j:image

 

そしてタイミング良く再会できたり、近況を聞いてくれた心の友たちに心から感謝です。

 

f:id:singyukaring:20181107081103j:image

f:id:singyukaring:20181107093305j:image
f:id:singyukaring:20181107081055j:image
f:id:singyukaring:20181107081119j:image
f:id:singyukaring:20181107081108j:image
f:id:singyukaring:20181107081132j:image
f:id:singyukaring:20181107081115j:image

 

f:id:singyukaring:20181107081710j:image
f:id:singyukaring:20181107081705j:image

 


そして、これまでお世話になった全ての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

 


この先も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:singyukaring:20181107100546j:image
f:id:singyukaring:20181107100550j:image

yukaring♪ 松崎 由香

怒っても拗ねても、すべてが愛なんだ。

f:id:singyukaring:20181102000828j:image

人の感情や感覚というのは不思議なもので、怒りや哀しみは負のものとして排除しようとする働きが生理現象的としてあるように思う。

現に、周りの雰囲気を淀ませたり、何よりじぶん自身のエネルギーを下げる感覚も確かなのだけれど。

 

その感覚を持ったからと言って反省したりじぶんを責める必要はないのだと、ハッキリと分かった体験をした。

 

もちろん、必要以上に自制が効かず周りに当たり散らしたり、不快な思いをさせる事を良しとは思わない。

 

この体験から何を得たかと言うと、やはりじぶん自身の性質を知れたことなのだ。

 

わたしというヒトは、どんな風に不快に感じるのか、何をどう言われると心が哀しいと感じるのか、じぶんだけのエネルギーで独りで居るだけでは到底わからない。

(独りで居るという選択も、もちろんアリ!)

 

家族やパートナーなど、近しい存在との密な接触・対話によって、水辺に己の姿が投影されるかのように相手を通してじぶんを知る濃度は高くなると感じている。

 

ここでまた、関係性を拗らせない為にも大切なのは、素直な態度での言動と相手に心の内を全て見せる信頼の上にある潔さだ。

 

とにかく、その時に湧いた感情は発散すること。

 

相手に同じことを繰り返させない為に、それと同時にじぶんが不快な気持ちにならない為に、その時に必要なアクションがあるもの。

 

これがまた、心の内を見せれば見せるほどに相手との関係性は深まり、より愛おしさが増すという結末が待っているから面白い。

 

実を言うと、先にわたしの方がパートナーを不快にさせる発言をしてしまっていて、彼からその事について「もう言わないで欲しい」と、伝えられたという経緯があった。

その時は当事者にも関わらず、想いを伝えてくれる事に愛おしさを感じたのだった。

 

経験上、これは一切誰かを介在させずにじぶんと相手の二人だけで行うやり取りだからこそ、成立することだと思う。

例えば、それはスキンシップと同じ。

 

そして終えたことは、水に流すこと。

その感情は、文字通り水モノだ。

 

いつだって根底には、二人だけにしか分かり合えないであろう純度の高いエネルギーが存在するのだ。

 

何が起きたとしても、そこは必ず愛が在る。

人生とは...。

 

f:id:singyukaring:20181028044334j:image

昨日のこと。

月一で開催している朗読会にて、取り上げた題材が三木清という思想家のエッセイだった。

(いつも直感で選んでいるので、詳しいことは後から調べている。)

 

そのタイトルが「希望について」というものだったのだが、内容は人生論で、『人生とは』という言葉に繋がっていた。

 

わたしの朗読会は、歌い手が伝える朗読会と称して声を出しやすくする為のウォームアップとなる呼吸法・発声を取り入れている。それに加えて、言葉を読むだけではなくて内容の感想まで述べてもらうようにしている。

 

そんな事もあり参加者の方は、朗読会に参加しているのにも関わらず哲学問答をしているような気になるのかも知れない。

 

今回の題材は、正にそんな内容で参加者の方々は皆同じような表情で言葉を読み上げていたのだが、最後にわたしはこんな質問を投げかけてみた。

 

この文章では "人生は希望である" とありますが、皆さんにとっての "人生とは◯◯である" があるとしたら、何が思い浮かびますか?

 

我ながら、この質問は響いたと思う。

 

お一人ずつそれぞれの "人生とは" を聞いて、わたし自身が深く感動を受け取った。

 

最初に思い浮かばないと仰っていた方も、とても素敵だなぁと感じる言葉を返して下さった。

 

人の数だけ人生がある

 

色んな人にそれを聞いて回りたくなった

 

わたしはと言うと、歌い手だけに!?  結局のところ "人生とは音楽のようである" という言葉がしっくりきているので、それを共有した。

(その心は、どの曲にも始まりがあり終わりがある。喜怒哀楽や表情がある。等々、の意味合いを付けた。)

 

自己探求が生きる目的の様になっているわたしも、人生の中で新たなステージに立とうとしていて、目の前の日々の暮らしが一段と愛おしく思えるようになっている。

 

この先また、どんな表現をしたくなるのかは分からない。

 

前に前に突き進む表向きのわたしと、ゆっくり心地よく身を委ねて本を開いてあれこれ妄想に耽るわたし。

これからより一層に、どちらも楽しんでいきたいと思う。

子供のような声(欲求)ですら、全て拾って叶える。

f:id:singyukaring:20181027084520j:image

わたしは、ワタシ自身のことを知れば知るほどに、"わたしってこんな一面もあるんだ!?" とじぶんで自分に驚くことがある。

 

例えばを言うと、ワタシという人は子供みたいに「やりたいことはやりたい」ヒトで、一度湧いてきた欲求や決めたことは実現しないと気が済まない側面があったりする。

 

いわゆる、頑固ってやつだ。

 

その気持ちを蔑ろにすることは何がどうしても絶対に出来ないので、わたしはとにかくソレを叶える為に行動している。

 

これまでもそうしてきたし、その繰り返しによって揺るぎない内側の繋がりを深めてきていると実感している。

 

不思議だけれど、心の声(内側の声)の主張は、体感として胸の奥からドンドンとノックされるような感覚があって、もはやじぶんの本心を見過ごせないのだ。

 

つい最近も、そのサインがやって来た。

 

それは、とある件でパートナーから「二択」を委ねられた時の事だった。

 

客観的に見たらとても些細な事なのだけど、わたしの内側にとってみたら大切な事らしく、どうしてもワタシが希望している方を是が非でも選択したいという欲求にかられた。

 

それがまた面白いことに、ある意味冷静なじぶん(頭の中の声)は、「今回は相手に選択権を渡して良いんじゃないかな?」とさえ感じるのに。。

 

どうしても、内側の声は、最初に決めた欲求を通したかったらしい。

(もしかして、コレってインナーチャイルドとも言えるのかな?)

 

パートナーにはその旨を伝え、彼は快くOKを出してくれた。

最初からわたしの希望で良いよと言ってくれていたので、そもそも特に問題はなかったのだけれど。

 

そんな胸の内は、誰かに話すまでもなく内側のワタシとの対話でいつも万事解決。

 

こんな風に、時たまひょっこり顔を出す、わたしの「姫気質」みたいな欲求に、未だにじぶんで驚くことがあるのだ。

 

また、それと同時にその姫気質を全て受け容れてくれるパートナーにまた感謝の気持ちが溢れたりする。

 

これは、本当に幸せなこと。

 

思えば、小さい頃は気持ちを言葉にするのが得意ではなかった。

 

ちゃんと想いを伝えれば、誰も反対なんてしなくて受け容れてくれるのに。

小さい頃は、涙が出るまで言えなかった。

 

そこから考えたら少しは、成長できてるのかな。

 

ちなみに、些細な事はもちろんのこと、人生の此処一番!  という時も内側の声に忠実に行動することは本当に神秘的な導きをもたらしてくれるもの。

 

それは、言葉を変えるとインスピレーションにも値するのだと思う。

 

その源は、すべてLOVEだ♡

 

わたしの中の小さな歌姫(内側のワタシ)は、今日も愛されてご機嫌です♪

想い合うことの始まりは、じぶん想い。

f:id:singyukaring:20181025073017j:image

 

誰かを思いやる気持ち

じぶんを思いやる気持ち

 

どちらか一方の時は

熟成する一歩手前

 

本来の姿は、二つで一つ。

 

先ずは、じぶんが中心にあること。


じぶんが心地よいことをして、

他者に喜ばれる。

感謝の気持ちを受け取る。

 

じぶんの感覚としては、

正直何でもないことなのに。

相手からもっと受け取っている感覚なのに。

 

それをすればするほどに、

もっと愛の循環が深まる。

 

静かな喜びに満ちる

「想い合える心」を感じ合える。

 

想い合える関係性

“ひとつながり”

 

この言葉の本来の意味をようやく体感しています。

 

f:id:singyukaring:20180817193315j:image

 

それは、本来のじぶんを生きているからこそ感じられること。

 

心の内を素直に言葉で表すこと。

少し前のわたしだったら、ハードルを感じていたことでした。

 

本当は初めから隠さず言葉にしたいのに、どう思われるかとか、反応が怖かったり少し恥ずかしい気持ちが湧いたり。

 

ある意味、自意識過剰になって心と身体がチグハグな状態になってしまっていた時期は、きっと想いも一方通行だったのだと思います。

 

じぶんが望むことを素直に行動する

 

最初の一歩は、じぶんを思いやること。

 

その先に、他者とのかけがえのない繋がりが待っている♡

シンクロニシティと地に足の着いた選択の力

f:id:singyukaring:20180310210400j:image

 

何かを選ぶとき、行動するとき。

概ね、人は夢や希望を胸に抱えて行動する時に喜びの結果に実を結び、不安や過度の期待や依存を潜めて取った行動に対しては、それに値する結果となるのがこの世界の特徴。

 

『全てはエネルギーの使い方次第』という事が現在どんどん解明されてきて、実践することも容易になってきたと感じています。

(具体的には、ザ・シークレットから始まり引き寄せの法則、マインドフルネスの視点、究極にはノンデュアリティまで!)

 

わたし自身、自己探求の連続で、じぶんの状態をいつも軽やかなエネルギーである事を意識して今に集中して選択・行動する事で、本当に生きやすく楽しい日々を過ごす事が出来ています。

 

そんなわたしでも、時には何かを選ぶとき不安や抵抗感を伴いながら行動することもあります。

それは、前例のない経験したことの無い事が目の前にやってきた時です。

 

当たり前と言えば当たり前ですが、わたしもこの人生では毎日が未知の体験ばかり。

同じようなパターンはあっても、一度たりとも同じ経験は無いし、毎日が分かっているようで知らないことばかりです。

 

今年は特に、そんな体験の連続です。

 

f:id:singyukaring:20180331085226j:image

 

内側のじぶんとの繋がりが深まっている時、多少の不安があったとしても日常の中に散りばめられているサインに気付いけたら何の不安もなくスムーズに歩き出すことが出来る。

 

日常の中に、サインはとにかく、これでもかってくらい散りばめられている。

 

その視点を持って楽しめるかどうか。

 

すべては、じぶんの心次第。

 

f:id:singyukaring:20180327112627j:image

 

yukaring books

わたしが愛読している本を紹介しています。